キッチン&レンジフードのマメ知識

今回は油でベトつく汚れが気になるキッチンの豆知識です。

最初に知っておいてください!

油汚れと言うのはとても落としにくいモノです

よく、深夜の通販で「この洗剤をつければ頑固な油汚れもアッと言う間に・・・」というような洗剤を販売していますが、長年このお掃除業界にいますがそんな洗剤見た事も聞いた事もありません。

CMの為だけにつけた油汚れであれば簡単に落ちるでしょうが、月日が経った油汚れはそう簡単には落ちてはくれません。

 

僕達プロでさえ、特殊な洗剤や薬品が無ければキッチンの油汚れを落とすのは至難の業です。

なので、キッチンに大切なのはマメなお掃除です。

既に頑固な油汚れが付いてしまっている場合は・・⇒コチラをオススメします。

では、プロがオススメする汚れ対策と簡単なお掃除をご紹介します。

まず汚れ対策ですが

  • レンジフード(換気扇)のフィルター(交換タイプ)

17024873_o1

  • ガスコンロのアルミシート

gasmat_combinedunit_img01

  • コンロのアルミ囲い

4522831661404

  • 排水口ネット

201009110029026bf

を取付がポイントです。

 

キッチンの油汚れは先ほども書いたように簡単には落ちません。

なので、汚れないようにするのが一番です。

ですが、日々のお料理をすると必ずと言っていいほど油は使うので汚れてしまいます。

そこで、レンジフードのフィルターに交換タイプのフィルターを貼付けてなるべく油を吸着させます。

換気扇を使わないとお料理の油が油煙となってコンロ周り、戸棚などキッチンのあらゆる所に油汚れとなって付着し、ベタつき汚れの原因となり、さらに埃などを吸着させ、汚れの悪循環が始まります。

なので、油煙はなるべくレンジフードより排出してしまうのが一番です。

その為にもフィルターは油を吸着出来るように綺麗な状態を保って下さい。

通常のフィルターですと、お掃除するのが大変なので交換タイプをつけて頂き、マメに交換するのが一番の対策になります。

bu001

また、同様に直接油が飛ぶコンロ周りやコンロにアルミのカバーをつけるのも効果的です。

最後に排水口の汚れも気になりますよね。

お皿に残った食べ残しやお茶碗に残ったご飯粒などは排水管の詰まりの原因になります。

なので、排水口のマメなお掃除も必要です。

排水溝にカゴはありますがネットをつける事によってよりお手軽にお掃除(ネットを捨てるだけ)が出来るのでネットの取り付けをオススメします。

基本的にはコレだけで汚れにくくなり、綺麗状態を維持できます。

ですが、さらにお掃除好きの方の為にもう一つオススメするのであれば、週に1度程度でかまわないので市販の油汚れ用洗剤(マジックリン等)で戸棚や天板を拭いてあげてください。

週に1度というのが人によっては多いと感じられるかもしれませんが、市販の洗剤で落とせる油汚れのレベルはこの程度です。

もちろん、手間暇かければ一月分の油汚れも落とせますが大変です。

まとめ

お掃除する時間がない方はマメにフィルターやシートを交換してください。

お掃除が好きな方は1週間に1度戸棚や天板を洗剤をつけて拭いて下さい。

これだけで、お掃除が出来なくて汚れていたキッチンがスッキリします。

 

コメントを残す