サッシガラス掃除の豆知識

来客時に一番気になる所、それがサッシガラスです。

お客様にくつろいで頂くリビングには大抵サッシガラスがあり、そこから明るい陽射しが差し込み、素敵な景色が見えるとお家全体が明るく綺麗に見えるのですが、逆にガラスに拭きむらや手垢があり、カーテンレールや溝に埃がたまっているとお家全体がうす暗く感じます

また、網戸が汚れていると雨が降った時等に汚れがガラスにうつり、すぐにドロドロに汚れてしまいます。

そんなサッシガラスは常に綺麗にしておきたいですよね?

でも、ガラス拭きをしても多くの場合は拭きムラが出て綺麗に仕上げる事が出来ません

そして、この拭きムラがツルツルのガラス表面に小さな凸凹を作り汚れを付着させやすくしているのです。

また、サッシには溝が沢山あり、そこに埃、ゴミなど多くのモノが溜まっていきます。

なので、なかなか大変なのがサッシガラスの清掃です。

そんな手間のかかるサッシガラスのプロがオススメする汚れ対策ですが・・・

定期的なお掃除に尽きます。

キッチンやお風呂のように日々のちょっとした事で汚れを付きにくく出来ればいいのですが、サッシガラスは雨風の当たる外面と湿度や油煙などで内面のガラスのくすみで生活していると絶対といって良いほど汚れてしまいます。

そこで、一番の対策としてオススメ出来るのがプロのお掃除です。

何故かというと、プロはガラスの清掃にスクイジーという道具を使います。

コレを使うことによって拭きむらが無い状態にガラスを拭き上げる事が出来ます。

拭きむらが無い仕上げにする事によって、ガラス表面に凸凹が無く、汚れが付着するのを防ぎ、綺麗な状態を保つことが出来ます

AS20131218001072_commL

ですが、「自分で掃除をする!」という方の為に簡単にお掃除方法をご紹介しておきます。

まず、網戸ですがホースを使う事が出来るのであれば一月に一度は水をかけて流してあげてください。

洗剤を使って、ブラシを使ってこすらなくても黒い汚れ(埃やすす汚れ)が流れてきます。

流れてくる水が綺麗になるまで流して終了です。

後は雑巾で水気を拭いてあげるか、自然乾燥して下さい。

次に、ガラスですが内面は乾いた雑巾(お勧めはマイクロファイバークロス)で手垢などが付いたらそこだけを拭いてあげてください。

もし、全体的にくすんでいるのであれば濡れた雑巾で汚れを拭いた跡に乾いた雑巾(新聞紙等でも可)で水気を綺麗に拭き上げてください。

外面は雑巾で軽くこすった後、水を流して汚れを洗い流してから、内面と同じように水気を雑巾で拭き上げてから乾いた雑巾で拭き上げてください。

4970190380816_2

とても面倒ですが、この乾いた雑巾で拭き上げるというのがガラスを透明に保つ秘訣です!

もちろん、プロと同じ道具を使うのも良いですが、慣れないと綺麗に拭けなかったり、道具が悪い(100円均一等)と綺麗には拭けません。

そして、最後に溝ですがホースがあれば汚れを流し出して下さい。その時に刷毛でスミなどに固まっている汚れをこすってあげると簡単に落ちます。

もし、ホースが無ければ掃除機でゴミを吸った後に、バケツに汲んだ水を刷毛で溝に塗る様にして汚れを浮かし、雑巾で拭き上げてください。

ce9546a701fdae20806b455c2525c47c43ddac99.33.2.2.2

この時、汚れが水でふやけて浮いていると雑巾を溝に詰め込むようにして拭き上げるとスミまで綺麗に仕上がります。

 

以上がサッシのお掃除です。

ホースをつなぐ事が出来、なおかつ水が流せるのであれば比較的簡単にお掃除が出来ますが、そうでないのであれば大変な作業になりますので頑張ってください。

P1000821

 

コメントを残す