なぜ掃除するのか?

多くの方は掃除を嫌い、めんどくさいと感じていると思います。

そんな面倒な掃除を何故しないといけないのでしょうか?

掃除をしなければ汚れます。

埃が積もります。

それの何がいけないのでしょうか?

 

それは、あなたの大切なモノをダメにしてしまうからです。

大切なモノとは健康、家族、家、服、家具等全てにおいて言える事です。

汚れや埃は当然の如く健康には良く無いですよね。

アレルギーや喘息等多くの病気の原因になります。

また、汚れは多くのモノを劣化させます。

油汚れは塗装を痛めてしまうし、水垢はカビや雑菌の温床になります。

そういった汚れは綺麗なうちはつきにくいですが、つきだしたら加速度的につきます。

人は大切なモノは綺麗にしますが、汚れているものには特に気を使わないという性質があります。

ゴミが一つも落ちていない街にポイ捨てをする人は少ないですが、ゴミが沢山散らばっているスラム街のような所ではポイ捨てするのに罪悪感を感じる人はほとんどいません。

なので、汚れたままにしておくと、さらに汚れがつきやすくなり、大切にも扱われない為に汚れやすくなります。

そうやって大切なモノがどんどんダメになっていきます。

それを防ぐのが掃除です。

あなたの大切な健康、家族、家などの財産等を守るのが掃除なのです。

想像して下さい。

掃除が行き届いている家はお金持ちの家ですか?それとも貧乏な家ですか?

掃除が出来ているのは片付いている家ですか?それとも散らかっている家ですか?

快適に過ごせるのは掃除が出来ている家ですか?それとも出来ていない家?

仕事がやりやすいのは掃除が出来ているオフィス?それとも出来ていないオフィス?

 

多くの方はこの事を知っています。

なので、何となく「掃除しないと!」と思っているはずです。

また、この事を重大に受け止めている成功者も数多くいます。

松下電器(パナソニック・ナショナル)創始者の松下幸之助さんもその1人で掃除の大切さを多く語り、社長になってからも自ら進んでトイレ掃除をしたそうです。

 

そんなお掃除を面倒くさく感じるのには理由があります。

掃除の仕方が分からない。(綺麗にならない。)

・どこまで掃除すれば良いか分からない。(時間がかかる)

・掃除をすると(自分が)汚れる。

多くの方がこういった理由からではないでしょうか。

ここではそういった方でもお手軽に出来るお掃除のちょっとしたプロの技をお伝えしていきますので、お試し下さい。

お掃除するのが楽しくなるかもしれません。

 

 

 

コメントを残す