エアコンの内部洗浄の時期がやってきました。

こんにちは。

日々作業に追われて、ついつい更新が不定期になってしまう今日この頃です。

さて、今日は「業務用エアコン」の話をしたいと思います。

最近では家庭用のエアコンも内部洗浄の必要性が知られてきているので、定期的に内部洗浄をしている方も多いのではないでしょうか?

しかし、一昔前まではエアコンの内部洗浄なんていうのは業務用エアコン以外はほぼされていなかったようです。
そんな業務用エアコンも最近は暑い日が続いたせいか、内部洗浄の依頼がかなり増えて来ています。

ちなみに、↓こういったのが業務用エアコン(天井埋め込み型)です。他にも床置き型や天吊り型、壁掛け型などもあります。

では、業務用エアコンの内部はどうなっているのか?
↓の写真をご覧ください。(作業前)

いかがですか?

恐ろしいほど汚れています。
埃、カビ、それに雑菌がまじってヘドロのような汚れがいっぱいです。

大抵、お店に行くと空調管理されていて快適な室温になっているのですが、こんなエアコンから冷風や温風が出ていると思うとゾッとしてしまいます。

もちろん、定期的に清掃されているお店も多くあり、そんなお店のエアコンは↓こんな感じではないでしょうか?

内部洗浄後の写真です。

もしかしたら、気づいた人がいるかもしれませんが上の写真に白いヒモのようなモノが2カ所写っています。
これは何かと言うと、長時間ヘドロの中にステー(熱交換器を支えている部品)があった為に腐食してボロボロになってしまったのでタイラップというプラスチックのバンドでとめているのです。
もう一度、作業前の写真を見るとどれだけ腐食(錆)しているのかよくわかると思います。

このエアコンは3年以上内部洗浄をしていなかったそうです。
今回の内部洗浄によって汚れを落とす事は出来ましたが、腐食してしまった部品は元に戻りません。
(また、後日修理に入る予定)

多くの店舗のオーナーさんは「臭い」「ゴミ」「水漏れ」のいずれかが出ないと経費節減の為に洗浄を渋る傾向にありますが、
定期的に清掃をしないと修理と言う名目でもっとお金がかかってしまいます。
さらに言うと、いくらお掃除してもカビが出たり、カビ臭いのはエアコンからカビをまき散らしているのかもしれません!

また、
おいしい料理を提供してくれる飲食店でも、
素敵なカットをしてくれる美容室でも、
素晴らし商品を販売してくれるお店でも、
お客様をもてなすという観点からこのエアコンの汚れは良くないと思いませんか?

もし、お店のオーナーの方で「エアコンの汚れが・・・」と思う方がいれば迷わずお問い合わせ下さい!

ちなみに、以下のお店は特に年一回は最低でも内部洗浄をすることをお勧めします。

・油を使う「飲食店」
・整髪料を使う「美容室・理容室」
・小麦等をよく使う「ケーキ屋・パン屋」
・タバコの煙が多い「パチンコ屋」    等

ほんの一例ですが、特によく汚れます。
是非、一度内部洗浄をお試し下さい!

きっと、快適な空調になりますよ。

コメントを残す